連勝。投げては、秋山-岩崎-メンデスと完封リレー、打っては大和の決勝の1号ソロ、俊介の中押しの2点二塁打などで5点を奪い、快勝。真夏のロード初戦で輝いた中堅二人。単独2位浮上。

先発・秋山は、序盤から粘りの投球だった。2、5回と一死一、三塁を招いたが、得点は与えなかった。
「序盤から多くランナーを出してしまいましたけど、粘り強くというのをテーマに持って、しっかり任されたイニングは消化できたかなと思います」
カットボール、フォークで幻惑した。要所では、最速145キロの直球で強気に攻めた。7回を投げ、6安打無失点で今季9勝目(4敗)を挙げ、初の2ケタ勝利に王手を懸けた。

7回を無失点ながら99球で降板させた理由を、香田投手コーチは、「サンケイスポーツ」によると、
「戦略的なこともある。前回完投したことや、いろんな要素がある」
と説明した。次回は、カープ戦での登板がなかった秋山を、ついに投入する。

大和が、値千金の先制本塁打を放った。秋山が登板したときに、同期の大和がよく打つ。2回、先頭で打席へ。外角速球を完ペキにとらえ、左翼席に今季1号ソロを運んだ。
「先頭だったので、塁に出ることを考えていました。追い込まれた後にうまく反応でき、しっかりととらえられることができましたが、入るとは思いませんでした。打った自分がびっくりです」

2戦連続「1番・中堅」でスタメンの、秋山の同期でもある俊介が、勝負の流れを引き寄せる一撃を放った。2点リードの4回二死二、三塁。外角速球を強振すると、左中間を真っ二つに割る適時二塁打になった。貴重な2点を追加。
「追加点を欲しい場面でしたし、スタメン起用のチャンスをもらったので、期待に応えるために、結果も出したかったところで、1本打つことができて良かったです」
と話した。

坂本、つねに先の塁を狙う。
「思い切っていこうと思いました。(点につながって)よかったです」
2回無死から左前打を放ち、秋山の犠打で二進。俊介が打ち上げたフェンス際への一邪飛に対し、ビシエドの動きを見てスタートを切った。あわててビシエドは三塁へ遠投するも、これが悪送球。坂本は、一気にホームに滑り込んだ。スキのない走塁だけじゃない、4回にも送りバントをきっちり決め、追加点を演出。捕手としても、0封勝利をアシスト。

 
 <中日0-5阪神>◇28日◇ナゴヤドーム