糸原、大仕事をやってのけた!

糸原が、大仕事をやってのけた。5回にプロ1号を放つと、同点の9回にプロ初のサヨナラ打。今季4度目のサヨナラ勝ち。プロ1号と、サヨナラ打を同一ゲームでマークしたのは、2リーグ制後、タイガース新人初の快挙だ。崖っぷちの勝利。奇跡のサヨナラ劇勝だった。

「9回にああいうことがあったが、よくはね返してくれた」
と、金本監督。狙い通りの継投が、はまっていた。が、ドリスが乱調で、3点差を追いつかれたのだ。

「越えてくれ」
同点の9回ウラ二死一、二塁。カウント1-1からの3球目。マシソンが投じた高めの直球を迷わず、振り抜く。打球は中堅手が伸ばしたグラブを越えて、ぽとりと落ちた。サヨナラ二塁打となり、金本監督と強く抱き合って喜んだルーキーは、お立ち台で、
「やりました! 自分の打撃をしました。最高です!」
と絶叫した。この日は、二塁打3本に、1ホーマーと、プロ入り初の4安打に3打点と大当たり。ベンチに戻ると、金本監督に熱く抱きしめられた。
「もう糸原デーですね! ホントに良くやってくれました」
と、大興奮。まさに、糸原のための試合だった。

6回に早くも桑原を投入。1安打1四球のピンチをしのぐと、続く回も続投させた。先発の岩貞は4回、5回と打線の得点直後に失点。その流れを食い止めるべく送り込まれた右腕が、狙い通りに「0」を並べ、勝利に貢献した。金本監督は、「サンケイスポーツ」によると、
「岩貞の状態を見ながらだったが、(6回は)打順が上位だったし、点を取った後だった。同じような繰り返しになると、雰囲気も悪くなる。流れを変えようと」
が、守護神ドリスが3失点で同点に追いつかれた。苦笑を浮かべつつ、
「ドリスも、今年はよくやってくれている。たまには、あるということで」。

中谷が、先制パンチ。チームトップとなる9号2ランが、劇勝へ誘った。会心だった。
「絞っていたというわけではないんですけど、(直球で)やられていたので。同じ失敗をしないように」
3回二死一塁。1ストライクから投じてきた2球目の高め直球を、振り抜いた。左翼ポール際に吸い込まれた先制2ランは、聖地での巨人戦初アーチとなった。一発だけでは、終われない。同点に追いつかれて迎えた9回二死からは、左前打。
「勝ちにつながるバッティングができてよかったです。どうなるか分からない展開でしたし」
その後、糸原のサヨナラ打で勝ち越しのホームを踏み、歓喜の輪に加わった。

高山、奮起も、笑みはなかった 。「6番・中堅」で、5日以来のスタメン復帰。5回一時勝ち越し打も、1回二死満塁の場面で好機で、凡打に終わっていた。

しかし、これが、今の阪神の現状だ。1回一死満塁で先制できない。2回無死二塁ではバント空振り三振。イライラがつのる展開。先発・岩貞は援護してもらった直後に、すぐ失点。4回の岡崎の本塁タッチアウト、5回の二走・福留の飛び出し。何から何まで、チグハグ。うまく攻めれば、もっと点が取れたはず。もっと、楽に勝てたはずだ。

 <阪神7-6巨人>◇9日◇甲子園

過去の試合;
● <阪神1-8巨人>◇8日◇甲子園

投打ともに、精彩を欠き連敗した。能見が、いきなり巨人打線につかまった。3回からは立ち直り5回99球、5安打3失点で降板。能見を含め、登板した4投手が全員失点。新外国人ジェイソン・ロジャースが8日、鳴尾浜の二軍残留練習に参加して、2日連続のフリー打撃をおこない、サク越え3発。連日の調整で、ヤル気満々だ。

● <阪神1-5巨人>◇7日◇甲子園

小野、7度目の先発でも初勝利をつかめなかった。1回にヒット4本を集中され、いきなり2失点。6回9安打3失点で5敗目。球団の新人の開幕5連敗は88年野田以来、29年ぶりの屈辱だ。またしても、マイコラスに抑えられた。