能見、38歳健在なり!

能見の力投で、交流戦は2年ぶりの連勝発進。
「いっぱい、いっぱい」
能見は、フゥーっと大きく息を吐いた。3日前に、38歳になったばかり。己の限界までマウンドで左腕を振り抜いたベテランの姿にナインも、ファンも、しびれた。7回2/3をジャスト100球、今季最多9奪三振で無失点の好投。今季2勝目で、チームにふたたび2ケタ貯金をもたらした。後は、桑原、マテオがピシャリ。

梅野が、先制点をたたき出した。2回一死満塁から、内角139キロ直球を左前に運んだ。
「自分が先制点を取って、能見さんが守りきってくれて、めちゃめちゃうれしい。援護できてよかった」
と、胸をなで下ろした。
「キャンプから取り組んでいる、粘るという意識があってボールを長く見られている」
打撃だけでなくバントにも好影響が出て、現在リーグトップの12犠打と、攻守にチームを支えている。金本監督も、
「いいところで打ってくれたというか。彼が打つと、点が入るね」
と、最敬礼だ。さらに、
「ああいうのも重要。ひとつのケース打撃で、大成功ですね」
高山の二ゴロについて、外角スライダーを転がし、三走・俊介をかえした場面。この回、3点を先取した。
「打ちにいったのか、結果そこにいったのか。それは分からないけど、ああいうのも重要。あれが2ストライクで、できだしたら、最高ですね。2ストライク後に、ああいうゴロで1点を取れば、(相手の)ダメージが大きいと思う」
と、金本監督。

能見が、8回途中を4安打無失点。規定投球回数にも到達し、防御率1・87で、いきなりリーグ2位に登場。

立ち上がりから制球がさえ、9奪三振で2四球の安定感。8回二死から1安打1四球で一、二塁とされたところで降板したが、強風のなかで、文句のつけようがない投球内容だった。
「非常に疲れました。(前日先発の)秋山もそうだったんですけど、高めにいかないようにちょっと意識しながら、今日は投げました」
降板後、ベンチで能見と会話を交わし、ねぎらった金本監督は、
「どうやら彼は、イニングで疲れるらしいから(笑)。球数じゃなしに。本人いわくやで」
と笑顔で明かした。
「できれば、完封というのも考えていた」
という。

 <日本生命セパ交流戦:ロッテ0-5阪神>◇5月31日◇ZOZOマリン