交流戦初戦、打ち勝つ!

大勝。金本監督就任後最多となる15得点の猛攻で、ロッテに逆転勝ち。今季初スクイズ成功で同点に追いついた後、打線が爆発し、今季初スタメンの俊介が3二塁打、4打点の大暴れ。そんな乱打戦の中でも、福留の存在感が際立つ3安打2打点だった。

秋山が、今季4勝目をあげた。ロッテ打線に猛打を浴び、5回7失点も粘りの投球を見せた。
「何回も代えられそうな場面があった。投げさせてもらえたことに感謝して、次に向けてやっていきたい」
と、反省を口にした。まぁ、ご褒美だと思い、あまり心配しなくて良いと思う。その後を引き受けた中継ぎ陣は、盤石。岩崎にしても球は走っていたし、桑原、高橋、球児にしてもあぶなげなかった。

立役者となったのは、「恐怖の8番」と化した俊介だった。「サンケイスポーツ」によると、
「(先発で)使ってもらったんで、しっかり結果を残さないと、という気持ち。(金本監督に試合前)自分のやれることをしっかりやれと言われた」
まずは、1点を追う4回一死から大勝劇の橋頭堡を築いた。今季初安打となる左中間二塁打で出塁すると、けん制悪送球で三進。直後の梅野のスクイズで、同点のホームを踏んだ。

勝負強さも発揮。5回、2点を勝ち越し、なおも二死満塁から左翼線へ2点二塁打。まだ終わらない。締めくくりは、3点差に迫られた6回二死満塁だった。追加点が欲しい場面で、カウント0―2から思い切りバットを振り抜いた打球は三塁線を破り、またも走者2人を迎え入れる二塁打。じつに3打席連続の二塁打で、4打点を挙げた。
「チャンスで打てたことは自信につながる。これからもチャンスの場面や、どんな場面でも打っていきたい」

「それは相手がそうしただけで、俺がやることは変わらないと思うけど、でも、なにくそと思いながら、打席には立ったけどね」
福留は、誇りを守り、胸を張った。4-4で迎えた5回無死、四球で出塁の一走・上本が二盗。ロッテベンチは糸井とは勝負を避け、一塁を埋めた。無死一、二塁となり、福留が外寄りの140キロの初球を逆らわずに、逆方向へ。決勝タイムリーとなった。

1回一死二塁。5試合ぶりに3番に座った糸井のバットが、炸裂。右翼席へ、7号2ラン。今季最多15得点を呼び込む先制パンチだった。
「打ったのはシンカー。打った感触もよかったですし、何より先制することができてよかったです」
存在感はさすがだ。5回無死二塁から、ロッテベンチは糸井を警戒し、歩かせた。直後の福留タイムリー。大量6点は糸井の“顔”のおかげ?

「(怖さは)まったくないということはないけど、投手も違うのでね」
5試合ぶりに「6番・三塁」でスタメン復帰すると、鳥谷は今季14度目のマルチをマーク。

高山が、貴重な反撃弾を放った。2-4と逆転された直後の、3回先頭。甘い直球を逃さず、右翼席中段にほうり込んだ。7試合ぶりの4号ソロ。
「シンカーもあるので、球(ゾーン)を上げていきました。しっかり振れました」
2回の守備では、左翼線のゴロを、後逸するミスを犯していただけに、
「守備のミスを取り返すためにも、出塁することだけを考えて打席に入りました」
と話した。

※ 球児が、30日のロッテ戦の9回、見逃し三振を奪い、NPB通算1000奪三振に到達した。771回2/3での到達は、野茂英雄を超える日本最速。

 <日本生命セパ交流戦:ロッテ7-15阪神>◇30日◇ZOZOマリン

過去の試合;
● <阪神2-6DeNA>◇28日◇甲子園

首位陥落。小野が、3回6失点でプロ初黒星を喫した。連続四球から6失点、自滅でのKO。10残塁の拙攻に加え、プロ入り後初めて4番に座った中谷、原口の得点機での打撃を厳しく指摘。