まさに、「ラッキー7」!

4点差をはね返す、逆転勝ちをおさめて3連勝。1点を追う7回、梅野が2試合連続猛打賞となる、決勝の逆転2点適時三塁打。貯金は、今季最多の「6」。

メッセが、まさかの2発でリードを許した展開となり、苦しい試合となった。逆転勝ちへの口火を切ったのは、中谷だった。先頭で打席に立ち、追い込まれながらも、低めに沈むフォークを豪快に振り切ると、三塁線を破る二塁打となった。
「同点につながったので良かった。(今後に)つなげていきたい」

金本監督が、タクトを振った。2試合連続マルチ安打で、この日も1安打1四球の鳥谷に送りバント指令。分岐点と判断した指揮官の采配に、選手たちが呼応した。
「右打ちも視野にはあったんですけど、ここはバントで確実に」
と明かした。鳥谷は送りバントこそ失敗したが、追い込まれてから驚異の粘り腰で四球を選んだ。つづく糸原は相手がバントシフトを敷き、重圧がかかる場面にも関わらず、一発で投前に転がして二、三塁へ走者を送った。

これが梅野、原口の連続適時打を呼び、さらに攻撃は糸井、福留のダメ押しタイムリーまで続いた。打者一巡の猛攻で一挙5得点。「サンケイスポーツ」によると、
「ああいうのが流れなんでね。空気というか、ペースというか、流れ。僕は気にしてるし、そこを大事にしていきたい」
と、金本監督は目を細める。

抜けた瞬間、地鳴りのような歓声が湧き起こった。梅野だ。外野の間を真っ二つに破る左中間三塁打。2人を本塁に迎え入れる逆転打だ。
「しっかり1球目から打ちにいけたのがよかった。今の状態だと(代打を送られることも)あるだろうし、そういうのも含めて気合が入っていた。
決勝打だけではない。第1打席に中前打でチャンスメーク。さらに0-4で迎えた4回ニ死二、三塁の2打席目には、しぶとく右前に運んで反撃の1点をたたき出した。
「8番打者として、粘ることは心がけている。うまく反応できた」
直前の球はグリップに当たるほどの厳しい内角攻めに遭いながら、外角低め一杯の直球を捉えた価値ある安打だった。

岩崎が、3-4の7回に登板。1四球を出したが、無失点に抑えた。直後に逆転し、うれしい今季初勝利。今季から中継ぎに配置転換され、救援での白星はプロ入り初。広島戦も自身プロ初白星となった。
「0点で抑えられたので良かった。次は3人で抑えたい」

※ 痛っ! 上本が足首の故障で、途中退場。大事を取ったとのこと。最悪は長期離脱も?

<阪神8-5広島>◇5日◇甲子園