キャンベルが来日初スタメンで、初タイムリーを放った。「5番・一塁」で先発出場し、3回には左翼へ初安打。
「もっとファンの方を喜ばせたい」
迎えた2点差に追い上げられた7回、二死三塁。2回以降、追加点が取れずに苦しんでいたなかで、低めカーブを拾った。マルチ安打の鮮烈デビューを飾った。「サンケイスポーツ」によると、
「日本にきて、なんとかチームの勝利に貢献したかった」
当初、予定にはなかったこの日のスタメン入り。金本監督は、
「練習で一番よかったしね。練習の状態で決めようかというところで、5番のところに、カッコしてあったんだけど。練習見て、バッティング・コーチもいこうか、ということで」
と、説明。

“病み上がり”の藤浪が粘りの投球で、約1年ぶりの甲子園星。制球に苦しみながらも、今季2勝目を挙げた。

中13日で、インフルエンザ発症からの復帰戦。直球はたびたび抜けた。試合序盤の投球中に、爪で皮膚を引っかき、右手親指付け根付近から出血。2回で4点リードをもらいながら、球数が108までかさみ、5回5四球2失点で降板を余儀なくされた。
「上下のタイミングが合わず、しっくりこなかった。(出血は)特に影響はなかった。何が悪い点なのか見つけられず、修正できなかった。もちろん(5回降板は)悔しいし、情けない」
と、猛省の言葉。6回から岩崎をはじめ中継ぎ陣が奮投。9回を締めたドリスが、圧巻の投球で10セーブ目を挙げた。球児、呉昇桓と肩を並べた球団記録の、月間10セーブを達成。

「サイコーです! 甲子園でタイムリーを打てていなかったので、タイムリーを打ちたいと思って打席に入りました」
糸井の適時打で、先制に成功した。初回に先頭打者・高山が中前打で出塁すると、上本が左前二塁打で続き無死二、三塁。糸井が、カウント1-1から内角の直球をはじき返して、右前打を放ち、2人を生還させ、
「連続ヒットで打席がまわってきたので、いい流れのなか、しっかりと打つことが出来ました」
次打者の福留の中前打で4連打。この回3点を挙げた。とりわけ、上本が適時打を含むマルチ安打。価値ある2安打で勝利に貢献した。

初回無死一塁は粘って、8球目の内角直球を左翼線二塁打。糸井の先制打へとつなげた。金本監督は、
「最初の二塁打が本当に大きかったですね。しぶとくレフト線へ持って行って。今日の勝因の大きな一つじゃないかなと思います」
と、評価。

 <阪神5-2DeNA>◇27日◇甲子園

過去の試合;
雨 <阪神-DeNA>◇26日◇甲子園

降雨のため中止。

● <阪神0-1DeNA>◇25日◇甲子園

スミ1,完封負け。秋山、自己最多11Kも黒星。今季初めて不調の原口をスタメンから外したものの、代役「5番・中谷」・中谷が4打席4三振。悲劇の序幕は1回。二死三塁から筒香の強烈なゴロをはじく。記録は安打だったが、止めてほしい打球だった。

※ 阪急阪神ホールディングス社長に、杉山副社長昇格 。角和夫社長は代表権のある会長に就く。阪急阪神HDの発足から10年が過ぎ、経営陣の若返りで次の成長戦略を描く。