火がついた、11人攻撃で一挙6得点!

11安打8得点で、乱打戦を制した。先発の秋山は6回0/3を10安打5失点も、大量リードに守られて今季初勝利を挙げた。

9回は抑えのドリスが2点差に追い上げられ、なおニ死二、三塁と一打同点のピンチを招く、ヒヤヒヤの展開。ベンチで見守っていた秋山は試合後、「サンケイスポーツ」によると、
「僕がもっとしっかり長いイニングを投げないといけないといけない展開だったので…。野手の方にも、中継ぎの方にも、本当に助けてもらいました」
と、まずは反省の弁が出た。

「悪い流れをはね返した。ほめてやりたい。今日に限って、打線につながりがあった」
と、金本監督。2点を追う4回、先頭・糸井の四球にはじまり、糸井のトドメの左前2点タイムリーで、今季最多1イニング6得点。逆転に成功した。

「ゴロでもバットに当てれば、エラーで1点が入るかもしれない。そういう意識で、バットを短く持ちました」
1安打2四球でニ死満塁の好機をつくり、まずは8番・梅野が内角低め直球をたたいた。低く鋭い打球は、三遊間を痛烈に破っていった。2点打で、試合を振り出しに戻す。
「前の打席で3球三振という結果だったので、なんとしてでも打ち返そうと食らいついていきました」

さらに9番・秋山が右前打でつなぎ、ふたたびに死満塁から1番・高山の押し出し四球で勝ち越し。つづいて2番・上本が中前適時打、
「みんながつないで、いい流れで回してくれたので、そのおかげで打てました」
3番・糸井が左前2点打を決め、一気に4点リードを奪った。
「打ったのはスライダー。ウエポンのヒット見たら、火着いてまうやろ!」

原口が、3試合ぶりの一発、今季2号を放った。4点リードの5回、先頭でチェンジアップを左翼ポール際に運んだ。
「センター返しをイメージしながら、甘いボールをいいポイントで打てました。大量点を取った直後で、次の1点が大事だと思っていたので、追加点が取れてよかったです」
と、納得の1発となった。

秋山は先制点をもらいながら、2回に逆転を許した。それでも、味方に再逆転してもらってからの4回からは、3イニング続けて三者凡退に仕留めて、立ち直ってみせた。
「梅野がすごく緩急をしっかり使ってくれて、うまく応えることができた。中盤以降、立ち直れたのは、去年からの成長かなあと思います」
と、手応えもつかんでいた。

 <DeNA6-8阪神>◇4月12日◇横浜スタジアム

過去の試合;
雨  <DeNA-阪神>◇11日◇横浜

早々と雨天中止。