高山、サヨナラ打!

高山が、同点で迎えた9回一死満塁の場面で、プロ初となるサヨナラ打を放った。貯金を1とした。それにしても、勝ててよかった。最近、こんな試合ばかり。疲れた~。

ナインからの祝福で、びしょ濡れになった高山は、お立ち台で、
「よく分からないけど、うれしいっス」
と、喜びを爆発させた。「サンケイスポーツ」によると、
「コーチ陣から敬遠、敬遠で高山あるぞ、と言われた。打ってやるぞという気持ち、ホント気持ちだけで打った」
と、振り返り、
(初球を見送ったのは)監督からがっつくなといわれていた。(2球目はファウルフライが風に流されアウトにならず)ついているんですかね。(決勝打は)深く考えずに、小さくしぼってストライクゾーンを思い切って打ちました。ホントに幸せ、僕の方が…1日1日必死に野球をやってますので、明日も必死に頑張ります」
久しぶりの3安打の高山、負けじと板山も猛打賞。

金本監督は、試合後のインタビューで、
「打つ方では、板山が3安打と良いところで打ってくれたり、最後は高山でね。ルーキー2人の活躍でしたね」
と、若手の活躍をたたえたものの、鳥谷の7年ぶり8番起用には、
「並びを見て、今の原口と比べた時に、原口のほうが今の時点ではまだ期待できるということで、思い切って8番にした」
と明かした。打撃の状態がなかなか上向かない鳥谷は、2回には二塁打、8回には右翼への犠飛。
「自分が決めることではない。いわれたところで頑張る」
と、淡々と語った。が、またしても、遊撃の守備では、2点リードの9回、後方への飛球を風の影響もあって捕れず(記録は二塁打)、直後に2ランで同点となった。17日の中日戦では、何でもない飛球を落としていたが、金本監督は、
「前回のこともあるし、油断したプレーではない。ポテンヒットと、認識している」

そんな9回。マテオ、そのイニングまたぎの9回に、同点2ランを許した。そのことについて、金本監督は、
「球児という手もあったんですけど、マテオが8回9球で終わっているし、球児が4連投になってしまうので…」
と説明した。不運もあったが、やはりイニングまたぎは厳しい。中継ぎ、酷使。

しかしそのウラ、先頭の大和が左中間へフェンス直撃の二塁打を放つと、代打・今成が犠打。一死三塁で福留、ゴメスが連続敬遠。一死満塁で打席に立った高山は、カウント1-1からの3球目、真ん中高めの142キロ真っすぐを、右前にプロ初のサヨナラ打を放った。

さて、今季初先発・岩崎は、118球を投げ6回4安打1失点。再三ピンチを背負ったが、要所で抑えた。
「課題の多いピッチングになってしまいました」
と振り返ると、
「先制点を許した場面は、四球を簡単に出してしまいました。相手打線の状態がいいだけに、得点につながりやすくなってしまうので、反省しなければいけないです」
と納得しなかった。

※21日、岩崎投手、島本投手を出場選手登録、石崎投手、陽川内野手を同抹消。

<阪神4-3広島>◇21日◇甲子園

過去の試合;
● <阪神1-4広島>◇20日◇甲子園(延長12回に3点を勝ち越され、3試合ぶりの敗戦。勝率、ふたたび5割。1点リードの9回に守護神・マテオを投入も、同点とされ、延長での負けにつながった。岩貞の4勝目、消えた、7回2安打無失点。2ケタ安打を放ったものの、今季ワーストタイの14残塁の拙攻で、1点しか取れず)