初回に挙げた2点を守りきり、完封勝ち。3試合連続完封勝利となった。46年ぶりの、球団最長タイ。むろん、3試合とも、完封リレーは球団初。采配ずばりも、金本監督は、
「やっぱり打たないと。もう少し投手を楽にさせてあげたいですね」

初回一死満塁で、板山が先制2点タイムリー。これが決勝打となった。岩貞の7回無失点の好投もあり、ヤクルト打線を無失点に封じた。今季3勝目。8回をドリス、9回をマテオとつないで、3連続完封リレー。これで今季2度目の3連勝で、広島と並んでリーグ2位に浮上。

岩貞は、1回、いきなり2安打と、四球で一死満塁のピンチを招いたが、一邪飛、ついでは三振に仕留めた。直後の攻撃で、打線が2点を先制すると、ここから乗っていった。「サンケイスポーツ」によると、
「すぐに点を取っていただいたんで、この2点を守ろう、と思い切って投げました」
と話し、
「原口に配球で助けてもらいながら、何とか投げることができました」
と、女房役をねぎらった。これで奪三振数と、防御率で、リーグトップに。これには、
「(奪三振トップは)キャッチャーが良いからだと思います。(防御率トップは)守備が良いからです」
と、バックの守りにあらためて感謝した。首位・巨人と0・5ゲーム差の2位に浮上し、
「もっと勝ちを積み重ねて首位になって、独走していきたいです!」
と、さらなる活躍を誓っていた。

高山と、鳥谷が安打で出塁すると、4番・ゴメスは敬遠気味の四球で満塁に。
「チャンスだったので、ファーストストライクから打ちにいこうと思って」
という板山は、カウント1-0からの2球目のカットボールを右前へ。これが、5試合連続となる貴重な一打となった。
甲子園で初めてのお立ち台に、
「最高です!」
と、初々しく話した板山。ルーキーながら、早くも5番を任されているが、
「まったく意識してないです。やっぱり毎日が勝負なので大変です」
と、思わず本音も。今後の目標については、
「チャンスで打てるバッターになっていきたい。一打席一打席、必死に頑張ります」
と話すと、甲子園のファンへ、
「ルーキーは高山だけじゃないので、応援よろしくお願いします!」
と、さらなる活躍での“高山超え”をアピールしていた。

※ 残念だが、横田、ついに抹消で、バッティング好調の俊介が昇格。仕方ないか、同じことの繰り返しで、ボール球にすぐに手を出して、ゴロで凡退の連続だったからなぁ。

<阪神2-0ヤクルト>◇6日◇甲子園