紳士といえばいいのか、田舎根性が抜け切れていないというのか、そんなジョンソンだったが、チームメイトたちを唖然とさせた出来事があった。あるとき、ある人が、

w.johnson

「世のなかで、好きなものは? 」
と訊ねると、生真面目に、
「一に、妻のヘイゼル。二に、野球。三に、狩猟」
と答えたそうな。じつは、そのヘイゼル嬢との親密な交際が発覚したときだ。それも、ブロンド美人のかの女は、ネバダ州出身のジョンソン投手の大ファンであった上院議員の娘さんだったのだ。

タバコはやらない、酒は飲まない。カードもやらない。ましてや、他人の悪口なんてとんでもない。えらぶったところもなく、クソがつくほど超まじめ人間だった。

ちょいと面白いハナシがある。もちろん、野球がらみだ。1908年の9月、対ハイランダース戦(後年のヤンキース)、Wヘッダーをふくむ4連戦でのことだ。カンティロン監督は初日4日に、ジョンソンを投げさせた。散発の6安打、完封。その翌日、ウォーミング・アップをしているところに、監督がやってきて、
「ウォルター、調子はどうだ? 」
と聞かれ、
「悪くないですね」
と答えると、
「どうだい、もう一度投げてくれんかね」
ジョンソンは昨日にもまして冴え、4安打で、またも完封。

よく日の日曜日は、安息日で野球はお休み。その中一日をおいて、3日目。監督は、またしてもジョンソンのところにやってきて、
「どうにも、うちの投手は頼りにならなくてねえ、ウォルター、調子はどうだい? 」
と訊ねると、
「いつも通りです。悪くないですよ」
と答えた。すると、監督は、
「そうか、ご苦労だが、もう一度投げてくれんかね? 」
なんと4日間で三度目の登板だ。自チームはおろか、相手チームもあきれた。観客もうなった。とうぜん疲れはあった。そんなジョンソンに追い討ちをかけるように、利き腕に死球をくらった。しかし、かれは痛みをこらえ、力投。ところが、終盤近くになると、次々と仲間たちが、
「ガンバレよ」
と声をかけては、励ましにやってきた。ジョンソンにはなぜ急に仲間たちが激励にくるのか、皆目わからなかった。そして、ついにこの試合も終わってみれば、2安打に抑え込み、3連続のシャットアウトをなしとげたのだ。

そして、この日はあいにくなことに、Wヘッダーだった。そこに、またしても、監督がやってきて、
「第2試合も出て、シャットアウトをやると、4日間4連続シャットアウトになるんだが、おい、ウォルター、調子は…? 」
と、監督の言葉なかばで、ジョンソンはその場を離れていた。後、かれはこう回想したものだ。
「この3連続完封のときが、一番興奮した」
こんな記録は、とうていMLBでは破られない記録となるであろう。さて、お次は、
「一生を通じて、もっとも大いなるゲームであった」
と、ジョンソンが振り返った悲願のワールド・シリーズ、ひのき舞台でのハナシだ。

参考図書;『誇り高き大リーガー』(八木一郎著 講談社刊)