「一番素晴らしかった守備プレーを選んでくれないか? 」
と、ウィリー・メイズは、何度もなんども訊ねられたが、そのうち思い起こすのをやめてしまった。そして、いつの間にか、
「どれがよかったか、比べたくない」
と返事をして、
「ただ、すべて、なんとか球をつかもうとやっていただけさ」
とつけ加えるのだ。それは、かの「ザ・キャッチ」についても同じで、
「べつに歴史をつくったわけじゃない。ただフライを捕っただけさ」
と答えたものだ。
willie-mays
MLB史上にさん然と輝くスーパー・プレー、その『ザ・キャッチ』が演じられたのは、1954年の対クリーブランドとのワールド・シリーズ第1戦であり、いまだに長く語り継がれるプレーである。

2対2の同点で、インディアンズが8回表、無死一、二塁と勝ち越しのチャンスを迎え、それまで3打数3安打の左の強打者、ワーツが打席に入った。

打球は快音を残して、ポロ・スタンドの深いセンターの頭上をおそった。その打球を追って、まだ23歳のメイズが背走に、背走を重ね、フェンス前で肩越しに、およそ奇跡とも思えるキャッチ。すぐに体勢を立て直して、内野に返球、走者の進塁を阻止した。

このプレーで、勢いずいたジャイアンツは、延長10回サヨナラ勝ちをおさめ、一気にシリーズを4タテで制したものだ。

もちろん、そんな流れを呼び込んだメイズのプレーは、スポーツ週刊誌・「スポーティング・ニュース」は、野球だけでなくあらゆるスポーツを含めて、1954年の最もエキサイティングなプレーとして選出した。

しかし、そんなメイズ本人はというと、1952年、エベッツ・フィールドでのドジャース戦でのキャッチのほうが、はるかに満足感をあたえてくれたという。

ジャイアンツが1点リードしての8回。代打・モーガンが左中間に痛打をはなった。メイズはそれを追って、頭からダイヴィングして、グラブをのばし、落ちてくる球をキャッチした。が、そのとき、からだをフェンスに強くぶつけ、気を失ってしまったのだ。気がつくと、監督のドローチャーがいて、
「ボールはどこだ? つかんだのか?」
と、メイズは訊ねた。すると、
「確かにつかんだよ。審判はアウトにしたし、おまえを上向かせてグラブから球を持っていったよ」
と答えたそうだ。そのプレーを目の当たりに見たジャッキー・ロビンソンは、守備位置に入るとき、すれちがったメイズに、
「あれはオレが見たなかで、一番すごいキャッチだった」
と言ったそうだ。

1951年~73年のあいだ、かれはジャイアンツと、メッツの名センターとしてプレーした。その22年間のメジャー生活で、3283安打(歴代11位)、660本塁打はハンク・アーロン、バリー・ボンズ、ベーブ・ルースに次ぐ歴代第4位。兵役さえなければ、ハンク・アーロンよりもさきにベーブ・ルースの最多本塁打記録を抜いただろうといわれている。

あだ名は、“セイ・ヘイ・キッド”。“コンプリート・プレーヤー”と呼ばれるにふさわしくバッティングのみならず、センターの守備は素晴らしく、ゴールド・クラブ賞は12回受賞。

「攻・走・守の3拍子そろった選手は、めずらしい。かれこそは、ジャイアンツの宝だ」
と、名将レオ・ドローチャーはいったものだ。

1931年5月6日、アラバマ州バーミンガム郊外で生まれたメイズは、14歳のころにはすでにセミプロ・チームで大人たちにまじって、ごく自然にプレーしていたそうだ。ニグロ・リーグでは、メイズにセンターのポジションを与え、1ゲームにつき1ドル支払っていたという。メイズ、19歳のころだ。

1950年にニューヨーク・ジャイアンツと契約して、まずはマイナーに送られはしたが、打率・474、8本塁打、30打点の大活躍が認められて、翌51年にメジャーに昇格。

7番・センターでデビューするも、26打数で、ヒットは1安打のみ。しかし、その一本こそ、大投手ウォーレン・スパーンからのホームランだったのだが、これには、さすがのメイズも、
「メジャー・リーグでやっていけません。マイナー・リーグに戻してください」
と、ドローチャー監督に泣きを入れたようだ。だが、
「オレが選んだセンターだ。おまえが打てなくても、チームは勝っているじゃないか。この後、ヒットが一本も打てなくたって、センターはおまえのポジションなんだ。気にせずに、バットを振り続けろ」
と叱咤され、その甲斐あってか、この年127安打、打率・274、20HR、61打点で新人王を獲得。それも、いきなりヤンキースとのワールド・シリーズに出場と、幸運が続いた。

その年、ジャイアンツは13.5ゲーム差があった首位ドジャースを追い上げ、最終日にとらえ、ボビー・トムソンが9回に、まさに劇的な3ラン・ホームランをはなって、リーグ優勝をかっさらったのだ。

しかし、ワールド・シリーズはジョー・ディマジオらの活躍でヤンキースが制したが、やはり新人だったミッキー・マントル同様、メイズも期待されたほどの活躍はできなかった。ちなみに、ディマジオは、
「わたしは、もうジョー・ディマジオではない」
という言葉を残して引退した。

その翌年、ドローチャー監督は、
「メイズがいれば、優勝。いなければ、Bクラス」
と予想したものだ。そのメイズが兵役についたのだ。そして結果はというと、やっぱりというか、ドローチャーのいうとおり、ジャイアンツはさえない成績しか残せなかった。

しかし、兵役から戻った54年、メイズは4番にすわり、初の首位打者のタイトルを獲得した。それに、その年、くしくもインディアンズとのワールドシリーズを戦うことになったのだ。

この年のインディアンズは、リーグ新記録となる111勝を挙げて、ヤンキースの6連覇を阻んで、リーグ優勝を果たした。そのインディアンズには火の玉投手ことボブ・フェラーをはじめとして、ボブ・レモン、マイク・ガルシアなどの恐るべき強力投手陣を抱えていて、戦前の大方の予想はインディアンズ優勢であった。

しかし、第一戦のメイズのスーパー・キャッチと、10回ウラの代打ダスティ・ローズの劇的なサヨナラ3ラン・ホームランで、インディアンズを蹴落とし、ジャイアンツは4タテでワールド・シリーズを制したのだ。

ちなみに、ボブ・フェラーはシーズン13勝3敗の素晴らしい成績をあげながら、登板のチャンスがなかった。しかも、それがフェラーの最初で最後のワールド・シリーズでもあったのは、なんとも皮肉だった。

MLBは、この時、球史に残る選手を数多く輩出して、まさしく黄金時代を迎えていた。

参考図書;『大リーグ黄金の30年』(ジョゼフ・ライクラー著 週刊ベースボール編集部訳)