青柳、2冠!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

青柳、2冠!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ2-6阪神>◇28日◇ZOZOマリン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鮮やか速攻劇!

■ ロッテに連勝。初回の速攻劇で、3点を先制した。

1番・近本が四球を選ぶと、続く中野が絶妙なセーフティーバントを決め、一塁内野安打。無死一、二塁の好機となり、3番・大山が右翼線への適時二塁打を放ち先制に成功。大山は、
「初回から先制することができてよかったです。まだまだ援護できるように頑張ります」
と、意気込みを示した。さらに、無死二、三塁から4番・佐藤輝が中犠飛で2点目。加えて二死三塁から糸原が右中間への適時二塁打を放ち3点目を奪った。
「初回からいい形でまわってきたなかで、追加点を取ることができてよかったです」
佐藤輝、しぶく2打点。27打点は大山と並びチームトップとなった。その大山とそろって打点を挙げた試合は7連勝。糸原は、
「今日は打線でピッチャーを楽にさせたいという思いを初回から出すことができてよかったです」

青柳が8回2/3を8安打2失点(自責0)、自己最多133球を投げ、リーグトップに並ぶ5勝目を挙げた。9回は味方の失策から2失点し途中降板。今季2度目の完封と4度目の完投を逃し、ヒーローインタビューで、
「完投したかった。むちゃくちゃ悔しい」
と、苦笑いした。ZOZOマリンに吹き荒れる風の抵抗を受けながらブレないツーシーム、スライダーを低めに丁寧に投げてアウトを量産した。坂本のリードを感謝した一方、途中降板には、
「誰がエラーしようが、僕の四球と同じ扱い。守備のミスというより2点目を取られてしまったところが、自分の未熟さ」
と、自らを戒めた。防御率は1・13で、ふたたびリーグトップに返り咲いたエースが見据える場所は高い。ロッテとの交流戦はこれまで2試合登板して0勝2敗だったため、初めての白星となった。
「マリンは嫌いじゃないんですけど、ボコボコにされてるイメージはずっと持っていたので。何とか抑えることができたので、やっと勝てたなと思います」
と、安どの笑みものぞかせた。
「この球場、この風の中で、シンカーがすごい生きたんじゃないかなと。相手も対応できていなかった」
と、その坂本。打っても4、7回に二塁打を放ち、今季2度目のマルチ安打だった。 

★藤浪が、6月1日の西武戦に先発する可能性が浮上。一軍では25日の楽天戦(甲子園)で先発した西純が5回8安打4失点で敗戦投手に。ローテ通りなら次回は破壊力抜群の西武打線が相手となる。藤浪が近日中に一軍に合流し、代わって中3日で先発する可能性もありそうだ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->