藤浪、もう出た159キロ!

☆━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳
┃タ┃イ┃ガ┃ー┃ス┃短┃信┃
┣━┻━┻━┻━┻━┻━┻━☆
┃ 
┃ 球春到来!

┃    ★スポーツ紙、斜め読み★         
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

大混乱を招いた責任は、球団にもある!

▲<練習試合、日本ハム3-3阪神>◇11日◇タピックスタジアム名護

藤浪、もう出た159キロ、3回無失点。

全く動じなかった。初回先頭から前代未聞の3者連続セーフティーバント。いきなりの奇襲に焦る様子もなく対応した。二死を奪った後、今年最速の159キロで見逃し三振。
「ボール自体は良かったです。指のかかりも良かったし、狙ったところにいったかな」
と、納得顔だった。

●<練習試合:阪神2-6日本ハム>◇8日◇沖縄・宜野座

大山“、今季1号”。佐藤輝、4番で出場の今年初の対外試合でチーム初打点、変化球を左前タイムリー打。敵将・新庄監督の初陣となる一戦に敗れた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

佐藤輝が、藤浪から今季1号アーチを放った。
「しっかり振ることだけは考えていました。コースに逆らわずに外目の球だったので、あっちに打てたのがよかった」
紅組の4番として2回に先頭で対戦。フルカウントから4度、ファウルで粘った末に高め速球を強振すると左翼ポール際に運んだ。昨年2月7日の紅白戦。火花を散らした佐藤輝vs藤浪の第1ラウンド。オール直球勝負の末、外角高め155キロ直球に空を斬った。試合後、佐藤輝は「次は打ちたいと思います」。1年越しのリベンジ。「阪神紅白戦、紅組2-4白組」(5日、宜野座村野球場)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

大混乱を招いた責任は、球団にもある。

◆阪神にとって特別なキャンプが幕を開けた。矢野監督が今季限りでの退任を表明した衝撃から一夜明けた1日、一軍は沖縄・宜野座でキャンプイン。百北球団社長は、指揮官の揺るぎない決意を受け止め、37年ぶりの日本一を達成しても勇退の方針は変わらないことを明かした。

前日1月31日に恩納村の宿舎で行われた全体ミーティング。矢野監督はマイクを握り、今季限りで退任する覚悟を明かした。その横で耳を傾けていたのが、百北球団社長だった。一夜明け、キャンプ初日を視察した同社長は、フロントとしても矢野監督の意思を尊重し、今季限りの退任を受け止めることを明かした。
「矢野監督のこの1年にかける強い思い(を感じた)。矢野監督の野球の集大成になれば。ひいてはリーグ優勝、日本一につながるのではということです。全幅を持って信頼して今シーズン任せていこうという思い。チーム、フロント一丸になってやっていきたい」

唐突な退任表明だったが、水面下では話し合いを重ねていた。矢野監督は昨シーズン終了後に球団に伝えたと明かしている。百北社長は、
「昨日お話になるということは事前には聞いておりました」
と説明。満を持しての表明だった。日本一でも今季限りの退任が覆ることはないという。同社長は、
「この1年にかける監督の思い、意思を尊重したいと我々は思っています」
と語った。17年ぶりのリーグVを達成してもやめる。37年ぶりの日本一を達成してもやめる。優勝イコール、勇退を意味する。

キャンプイン前日の退任表明は、少なからず今後に影響を及ぼす。百北社長は後任監督について、
「それは、まあ…。これから野球に集中していきたいので、(報道の)皆様も見守っていっていただきたい」
と制した。シーズンに全精力を注ぎ、有終を目指す、阪神史上例を見ない特別なキャンプがはじまった。

大混乱を招いた責任は、球団にもある。

■あるファンの声;
辞めるというなら、明日にでも辞めてもらいたいくらいです。こうなった以上、今年は苦戦を強いられるでしょう。開幕からコケるようなら、ファンが『辞めろ』と大声を上げるし、チームがゴタゴタするのが何より一番困る。かといって後任は? と聞かれても難しいところがありますよね。

藤川球児さんは理論派で案外いいかもしれませんが、まだ引退して間がないし、元監督の岡田彰布さんもトウが立っていますしね。ひとまず、平田勝男二軍監督に2年ほど託して、その間に藤川さんやOBの鳥谷敬さん、今岡誠(現・真訪)さんをコーチに呼んで、次の監督になってくれ、と説得するしかないでしょう。いずれにせよ、矢野監督は昨季中も辞意を漏らしていたそうですから、そもそも球団が『もう1年頼む』と続投にこだわったのも失敗だったと思います。

SNSでもご購読できます。

-->